医薬品に共通する特性と基本的な知識【問011~015】

    【問011】

    医療機関で治療を受けている人が一般用医薬品を使用する場合、配慮しなければならないことに 関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品の有効性や安全性に影響を与える要因となることがある。
    2. 登録販売者は医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人に対し、一般用医薬品との併用の 可否について、その薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する必要がある。
    3. 過去に医療機関で治療を受けていたが、現在、治療を受けていなければ、一般用医薬品の使用について特に注意する必要はない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問012】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. プラセボ効果は、医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをいう。
    2. プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与して生じると考えられている。
    3. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)だけである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問013】

    医薬品の品質に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 一般用医薬品の販売に従事する専門家は、医薬品が高温、多湿、直射日光等の下に置かれることのないように、保管・陳列に留意する必要がある。
    2. 医薬品は、適切な保管・陳列がなされない場合、効き目が低下するおそれはあるが、人体に好ましくない作用をもたらす物質を生じることはない。
    3. 一般用医薬品は、購入後すぐに使用されるとは限らず、家庭における常備薬として購入されることも多いことから、外箱等に記載されている 使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされるべきである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問014】

    一般用医薬品の役割に関する次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 重度な疾病に伴う症状の改善
    2. 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)
    3. 生活の質(QOL)の改善・向上
    4. 健康の維持・増進
    5. 健康状態の自己検査

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問015】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 一般用医薬品の購入を検討している者に対して、医療機関の受診を勧めたり、医薬品の使用によらない対処を勧めることは適切ではない。
    2. WHO(世界保健機関)によれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」こととされている。
    3. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、 セルフメディケーションを適切に支援していくことが望まれる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)