医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    【問016】

    プラセボ効果に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化は、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれる。
    2. プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や条件付けによる 生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。
    3. プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として確実に現れる。
    4. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)のみである。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問017】

    高齢者の医薬品の使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 高齢者は、生理機能の衰えの他、喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている(嚥下障害)場合があり、内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。
    2. 高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状が悪化したり、治療の妨げとなる場合がある。
    3. 一般に高齢者は、生理機能が衰えつつあるが、副作用を生じるリスクは若年時と同等である。
    4. 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として60歳以上を「高齢者」としている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問018】

    妊婦若しくは妊娠していると思われる女性又は母乳を与える女性(授乳婦)の医薬品の使用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 母体が医薬品を使用した場合に、血液-胎盤関門によって、どの程度医薬品の成分の胎児への移行が防御されるかは、すべて解明されている。
    2. 妊娠の有無やその可能性については、購入者側にとって他人に知られたくない場合もあることから、 一般用医薬品の販売等において専門家が情報提供や相談対応を行う際には、十分に配慮することが必要である。
    3. ビタミンA含有製剤のように、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされているものがある。
    4. 医薬品の種類によっては、授乳婦が使用した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが 知られており、母乳を介して乳児が医薬品の成分を摂取することになる場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問019】

    医薬品と食品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 生薬成分が含まれた食品(ハーブ等)を合わせて摂取すると、生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。
    2. カフェインを含む医薬品とコーヒーを一緒に服用すると、カフェインの過剰摂取となることがある。
    3. 外用薬は、食品によって、その作用や代謝に影響を受けることはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問020】

    医薬品の品質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 医薬品は、適切な保管・陳列がなされたとしても、経時変化による品質の劣化は避けられない。
    2. 医薬品に配合されている成分の中には、適切な保管・陳列がなされなければ、医薬品の効き目 が低下したり、人体に好ましくない作用をもたらす物質を生じるものがある。
    3. 外箱等に表示されている「使用期限」は、開封・未開封を問わず、製品の品質が保持される期限である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)