医薬品に共通する特性と基本的な知識【問006~010】

    【問006】

    医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 医薬品は、十分注意して適正に使用された場合であっても、副作用が生じることがある。
    2. 一般用医薬品は、副作用の兆候が現れたときには使用を中止するだけでよく、医師、薬剤師などに相談する必要はない。
    3. 副作用は、血液や内臓機能への影響等のように、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問007】

    医薬品の販売等に従事する専門家が購入者から確認しておきたい事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. その医薬品を使用する人が過去にアレルギーや医薬品による副作用等の経験があるか。
    2. その医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けていないか。
    3. その医薬品を使用する人として、小児や高齢者、妊婦等が想定されるか。
    4. 何のためにその医薬品を購入しようとしているか。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問008】

    サリドマイドに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 妊娠している女性がサリドマイド製剤を摂取し、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常が発生した。
    2. サリドマイドは、鎮静作用を目的として、胃腸薬にも配合されていた。
    3. サリドマイド製剤による催奇形性が報告されて、日本ではすぐに販売停止及び回収措置が行われたため、その後の被害拡大が最小限に抑えられた。
    4. サリドマイドは、妊娠している女性が摂取した場合、血液-胎盤関門を通過して胎児に移行する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問009】

    スモン訴訟に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. スモンは、その症状として、初期に腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れや脱力、歩行困難等が現れる。
    2. サリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機として、1979年、医薬品の副作用による健康被害の迅速な 救済を図るため、医薬品副作用被害救済制度が創設された。
    3. スモン訴訟とは、抗生物質として販売されたペニシリン製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視 神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問010】

    アレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. アレルギーには、体質的な要素はあるが、遺伝的な要素はない。
    2. 医薬品の有効成分だけでなく、基本的に薬理作用がない添加物も、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)となり得る。
    3. 医薬品の中には、鶏卵や牛乳等を原材料として作られているものがあるが、すべて製造過程でアレルギー対策がなされている。
    4. アレルギーは、内服薬だけでなく、外用薬等でも引き起こされることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)