薬事に関する法規と制度【問016~020】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問016】

    次のうち、化粧品の効能効果の範囲として、誤っているものはどれか。

    1. 頭皮、毛髪を清浄にする
    2. フケ、カユミを抑える
    3. 口唇の荒れを治す
    4. ムシ歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
    5. 口臭を防ぐ(歯みがき類)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問017】

    次のうち、行政庁が、医薬品医療機器等法に基づき、店舗販売業者に対し行うことができる処分 として適当でないものはどれか。

    1. 業務体制の整備命令
    2. 構造設備の改善命令
    3. 店舗管理者の解雇命令
    4. 業務停止命令
    5. 回収命令

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問018】

    医薬部外品、化粧品、食品等に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 医薬部外品は、医薬品的な効能効果を表示・標榜することが一切認められていない。
    2. 化粧品は、医薬品的な効能効果を表示・標榜することが一切認められていない。
    3. 食品とは、医薬品、医薬部外品及び再生医療等製品以外のすべての飲食物をいう。
    4. 特定保健用食品は、身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含む食品で、医薬品と 同様に医薬品医療機器等法で規定されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問019】

    一般用医薬品のリスク区分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 第三類医薬品は、第一類医薬品及び第二類医薬品と異なり、保健衛生上のリスクがなく、副作用も認められない一般用医薬品である。
    2. 第二類医薬品は、副作用等により身体の変調・不調が起こるおそれはあるが、日常生活に支障を来す 程度ではない、保健衛生上のリスクが比較的低い一般用医薬品である。
    3. 第三類医薬品に分類されている医薬品が、日常生活に支障を来す程度の副作用を生じるおそれがある ことが明らかとなった場合、第一類医薬品に分類が変更されることもある。
    4. 第二類医薬品のうち、「特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの」を「指定第二類医薬品」としている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問020】

    「医薬品の範囲に関する基準」における医薬品に該当する要素に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. アンプル剤等の医薬品的な形状であること
    2. 成分本質(原材料)が、専ら医薬品として使用される成分本質を含むこと(食品添加物と認められる場合を除く。)
    3. 医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていること(製品表示や添付文書によるほか、チラシ、パンフレット、 刊行物、インターネット等の広告宣伝物等による場合も含む。)
    4. 服用時期、服用間隔、服用量等の医薬品的な用法用量の記載があること(調理のために使用方法、使用量等を定めている場合を除く。)
    No a b c d
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)