医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品が人体に及ぼす作用は、すべてが解明されている。
    2. 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に 影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品であり、その有用性が認められたものである。
    3. 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者 が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。
    4. 一般用医薬品の販売に従事する専門家は、常に医薬品に関する新しい情報の把握に努める必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問002】

    医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合もある。
    2. 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
    3. 人体に対して使用されない医薬品である殺虫剤や検査薬は、人の健康に影響を与えることはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問003】

    健康食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 「特定保健用食品」は、特定の保健機能の表示(例えばキシリトールを含む食品に対して「虫歯の 原因になりにくい食品です」など)が許可されている。
    2. 「機能性表示食品」は、疾病に罹患している者の身体構造や機能に影響する効果を表示するものである。
    3. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)にはカプセル、錠剤等の医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った 使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問004】

    医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。
    2. 複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して薬効をもたらす一方、別の 疾病に対しては症状を悪化させたり、治療が妨げられたりすることもある。
    3. 医薬品の副作用は、薬理作用によるものと、アレルギー(過敏反応)によるものに大別される。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問005】

    アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 基本的に薬理作用がない添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)とはならない。
    2. 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、思わぬアレルギーを生じることがある。
    3. 内服薬だけでなく、外用薬でもアレルギーが引き起こされることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)