医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、その有用性が認められたものであるため、使用には、保健衛生上のリスクは伴わない。
    2. 人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。
    3. 一般用医薬品は、その販売について、専門家が関与する必要はない。
    4. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問002】

    医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品が人体に及ぼす作用は、そのすべてが解明されている。
    2. 医薬品医療機器等法では、健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず、異物等の混入、変質等があってはならない旨が定められている。
    3. 一般の生活者は、一般用医薬品に添付されている添付文書を見れば、効果効能や副作用について誤解や認識不足が生じることはない。
    4. 医薬品は、市販後も、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっており、それらの 結果を踏まえ、リスク区分の見直し等がなされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問003】

    医薬品のリスク等に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 薬物の毒性の指標として、50%有効量(ED50)が用いられる。
    2. 少量の医薬品の投与でも、長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合がある。
    3. 新規に開発される医薬品のリスク評価は、医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準で あるGood Manufacturing Practice(GMP)に準拠して薬理試験の他に、様々な毒性試験が厳格に実施されている。
    4. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的 にGood Clinical Practice(GCP)が制定されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問004】

    健康食品に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 特定保健用食品については、通常、食品では表示できない特定の保健機能の表示が許可されている。
    2. 栄養機能食品については、各種ビタミン、ミネラルに対して栄養機能の表示を行うことができる。
    3. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)は、錠剤等の医薬品と類似した形状のものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例が報告されている。
    4. 機能性表示食品については、疾病に罹患している者の健康維持および増進に役立つ旨または 適する旨を表示することができる。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問005】

    医薬品の副作用に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    世界保健機関の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化 するために、人に( a )で発現する医薬品の( b )かつ( c )反応」とされている。

    No a b c
    1 通常用いられる量 有害 重篤な
    2 最大用いられる量 過敏 意図しない
    3 最大用いられる量 有害 意図しない
    4 最大用いられる量 過敏 重篤な
    5 通常用いられる量 有害 意図しない

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)