主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜ(感冒)の諸症状とかぜ薬の働きに関する以下の記述について、誤っているものはどれか。

    1. かぜの症状は、通常は数日~1週間程度で自然寛解する。
    2. かぜの約8割はウイルスの感染が原因である。
    3. インフルエンザ(流行性感冒)は、かぜと同様、ウイルスの呼吸器感染によるものであるが、感染力 が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。
    4. かぜ薬とは、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去する医薬品の総称である。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問022】

    解熱鎮痛成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
    2. ピリン系の解熱鎮痛成分として、アスピリンやサザピリンがある。
    3. イブプロフェンは、一般用医薬品において15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。
    4. アスピリン喘息はアスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問023】

    次の記述は、解熱鎮痛成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. エテンザミドは、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが作用の中心となっている他の 解熱鎮痛成分に比べ、痛みの発生を抑える働きが強い。
    2. アセトアミノフェンは、ライ症候群の発生との関連性が示唆されている。
    3. アスピリンには、血液を凝固しにくくさせる作用がある。
    4. イソプロピルアンチピリンは、ピリン系解熱鎮痛成分によって薬疹等のアレルギー症状を 起こしたことのある人には、使用しない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問024】

    ヒスタミンと抗ヒスタミン成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 生体内情報伝達物質であるヒスタミンは、脳の下部にある睡眠・覚醒に関与する部位で神経細胞の 刺激を介して、覚醒の維持や調節を行う働きを担っている。
    2. 脳内におけるヒスタミン刺激が低下すると、眠気が促される。
    3. ホルモンのバランスの変化により妊娠中に生じる睡眠障害は、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の適用の対象となる。
    4. 抗ヒスタミン成分を含有する医薬品を服用後は、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させてはならない。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問025】

    カフェインに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 胃液の分泌を抑制させる作用があり、副作用として胃腸障害が現れることがある。
    2. 眠気や倦怠感を除去することを目的とした、眠気防止薬の主たる有効成分として配合される。
    3. 循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。
    4. 腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収抑制があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)