主な医薬品とその作用【問091~095】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口県は出題内容が共通です。

    【問091】

    毛髪用薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。

    1. カシュウは、ウコギ科のトチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、 血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
    2. ヒノキチオールは、タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬で、頭皮における脂質代謝 を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
    3. カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)において抗コリン作用を示し、頭皮の血管を 拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。
    4. エストラジオール安息香酸エステルは、女性ホルモンによる脱毛抑制効果を期待して配合されている場合がある。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問092】

    歯槽膿漏薬とその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 歯槽膿漏薬は、歯肉炎、歯槽膿漏の諸症状の緩和を目的とする医薬品である。患部局所に適用する外用薬のみあり、内服で用いるものはない。
    2. 歯肉溝での細菌の繁殖を抑えることを目的として、イソプロピルメチルフェノールが配合されている場合がある。
    3. 炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して、カルバゾクロムが配合されている場合がある。
    4. コラーゲン代謝を改善して炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用を期待して、セチルピリジニウム塩化物が配合されている場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問093】

    口内炎及び口内炎用薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 口内炎や舌炎は、いずれも口腔粘膜に生じる炎症で、口内炎用薬は、これらの症状の緩和を 目的として口腔内局所に適用される外用薬である。
    2. 口内炎は、一般用医薬品の副作用として現れることはない。
    3. 口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して、アクリノールが配合されている場合がある。
    4. 口内炎用薬は、口腔内を清浄にしてから使用することが重要であり、口腔咽喉薬、含嗽薬などを 使用する場合には、十分な間隔を置くべきである。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問094】

    禁煙補助剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 禁煙補助剤は、ニコチン離脱症状を軽減するニコチン置換療法に使用される、ニコチンを 有効成分とする医薬品である。
    2. 咀嚼剤は、菓子のガムのように噛むと唾液が多く分泌され、ニコチンが唾液とともに飲み 込まれてしまい、肺からの吸収が十分なされず、吐きけ等の副作用が現れやすくなる。
    3. 禁煙補助剤は、通常、喫煙の量を徐々に減らしながら使用する。
    4. 投与経路の異なる他のニコチン含有製剤を併用しても、ニコチンの過剰摂取とはならないため、 禁煙達成を早めることができる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問095】

    滋養強壮保健薬とその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 一般用医薬品におけるビタミンAの1日分量は、4000国際単位が上限となっている。
    2. エルゴカルシフェロールが主薬として配合された製剤は、骨歯の発育不良、くる病の予防に用いられる。
    3. トコフェロールが主薬として配合された製剤は、末梢血管障害による肩・首すじのこり、手足の しびれ、更年期におけるのぼせ、月経不順の症状の緩和等に用いられる。
    4. アスパラギン酸ナトリウムは、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の働きを期待して用いられる。
    5. ヘスペリジンは、ビタミン様物質のひとつで、ビタミンDの吸収を助ける等の作用があるとされる。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)