薬事に関する法規と制度【問086~090】

    【問086】

    医薬部外品に関する次のa~cの記述について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 医薬部外品は医薬品ではないため、医薬品的な効能効果を表示・標榜することは、いかなる場合も認められない。
    2. 医薬部外品を一般の生活者に対して販売する場合には、医薬部外品販売業の許可が必要である。
    3. かつては医薬品であったが、医薬部外品へ移行された製品群がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問087】

    化粧品に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに 保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する 作用が緩和なものである。
    2. 効能効果として、「皮膚の清浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭及びにきびを防ぐ」がある。
    3. 店舗販売業者は、医薬品と化粧品を区別して貯蔵し、又は陳列しなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問088】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 錠剤、カプセル剤の形状の物は、食品である旨が明示されていたとしても、すべて医薬品とみなされる。
    2. 特定保健用食品とは、身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含む食品で、健康増進法の規定に基づき、特定の保健の用途に資する旨の表示の許可等を受けたものである。
    3. 食品として販売等されている製品であっても、効能効果又は用法用量の標榜内容等に照らして 医薬品とみなされる場合には、無承認無許可医薬品として取締りの対象となる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問089】

    医薬品の販売業に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 店舗販売業の許可を受けた店舗において、薬剤師が従事していれば、すべての医薬品を販売することができる。
    2. 卸売販売業の許可を受けた者は、一般の生活者に対して直接医薬品を販売することができる。
    3. 法第25条に規定される医薬品の販売業の許可は、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問090】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 登録販売者は、薬局の管理者となることができる。
    2. 店舗販売業で勤務する登録販売者は、要指導医薬品を販売することができる。
    3. 店舗管理者は、その店舗の所在地の都道府県知事(店舗販売業の店舗の所在地が保健所を設置 する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)の許可を受けた場合を除き、その店舗以外の場所で 業として店舗の管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)