主な医薬品とその作用【問096~100】

    【問096】

    次の漢方処方製剤のうち、構成生薬としてカンゾウを含まないものを1つ選びなさい。

    1. 防風通聖散
    2. 麻黄湯
    3. 補中益気湯
    4. 葛根湯
    5. 半夏厚朴湯

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問097】

    カンゾウに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 甘味料として一般食品にも広く用いられている。
    2. 大量に摂取すると、グリチルリチン酸の大量摂取につながり、血栓症を起こすおそれがある。
    3. 1日最大服用量がカンゾウ(原生薬換算)として1g以上となる製品は、長期連用を避ける。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問098】

    漢方の特徴や漢方薬の使用における基本的な考え方に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 患者の「証」(体質及び症状)に合った漢方処方が選択されれば効果が期待できるが、合わない ものが選択された場合には、効果が得られないばかりでなく、副作用を招きやすくなる。
    2. 漢方薬は、現代中国で利用されている中医学に基づく薬剤と同じものである。
    3. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後 3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。
    4. 漢方薬は、すべからく作用が穏やかで、重篤な副作用は起きない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問099】

    次の殺虫成分のうち、神経細胞に直接作用して神経伝達を阻害することにより殺虫作用を示す成分 として、最も適切なものを1つ選びなさい。

    1. フェニトロチオン
    2. プロポクスル
    3. ジクロルボス
    4. フェノトリン

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問100】

    尿糖・尿タンパク検査薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 中間尿ではなく出始めの尿を採取することが望ましい。
    2. なるべく採尿後速やかに検査することが望ましい。
    3. 尿糖値に異常を生じる要因は、一般に高血糖と結びつけて捉えられることが多いが、腎性糖尿等のように高血糖を伴わない場合もある。
    4. 尿タンパク検査のための採尿は、激しい運動の直後は避ける必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)