主な医薬品とその作用【問091~095】

    【問091】

    皮膚に用いる薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. メントールは、皮膚表面に冷感刺激を与え、軽い炎症を起こして反射的な血管の拡張による患部の血行を促す効果を期待して配合されている場合がある。
    2. へパリン類似物質は、血液凝固を促す働きがある。
    3. ヒドロコルチゾンは、末梢組織の免疫機能を低下させる作用を示し、水痘やみずむしの症状 を悪化させるおそれがある。
    4. インドメタシンは、皮膚の下層にある骨格筋や関節部まで浸透してプロスタグランジンの産生を促す。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問092】

    皮膚に用いる薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 人間の外皮表面には、化膿の原因となる「皮膚常在菌」が存在しているため、創傷部に殺菌消毒薬 を繰り返し適用する必要がある。
    2. 貼付剤を同じ部位に連続して貼付すると、かぶれ等が生じやすくなる。
    3. 外皮用薬を一定期間使用しても症状の改善がみられない場合には、専門家に相談することが重要である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問093】

    歯痛・歯槽膿漏薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. カルバゾクロムは、炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して配合される場合がある。
    2. アミノ安息香酸エチルは、齲蝕により露出した歯髄を通っている知覚神経の伝達を遮断して痛みを鎮めることを目的としている。
    3. チモールは、歯周組織の血行を促す効果を期待して配合される場合がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問094】

    口内炎及び口内炎用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症で、口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。
    2. 医薬品の副作用として口内炎が現れることはない。
    3. 患部からの細菌感染を防止することを目的として、アクリノールが配合されている場合がある。
    4. 口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して、アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が配合されている場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問095】

    ビタミン成分とその主な働きとの関係について、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    (ビタミン成分) (主な働き)
    a ビタミンC メラニンの産生を促す
    b ビタミンE 体内の脂質を酸化から守る
    c ビタミンB1 腸管運動を抑える
    d ビタミンD 尿細管でのカルシウム再吸収を促す

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)