主な医薬品とその作用【問081~085】

    【問081】

    次のユビデカレノンに関する記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 別名ルチンとも呼ばれる。
    2. エネルギー代謝に関与する酵素の働きを助ける。
    3. 肝臓や心臓などの臓器に多く存在する。
    4. 副作用として、胃部不快感、食欲減退、吐きけ、下痢、発疹・痒みが現れることがある。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問082】

    次の痔の薬に関する記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 内用痔疾用薬は、比較的緩和な抗炎症作用、血行改善作用を目的とする成分等が配合されたもので、 外用痔疾用薬と併せて用いると効果的である。
    2. 痔の原因となる生活習慣の改善を図るとともに、一定期間、痔疾用薬を使用してもなお、排便時の 出血等の症状が続く場合には、早期に医療機関を受診して専門医の診療を受ける必要がある。
    3. ヒドロコルチゾン酢酸エステルが配合された坐剤及び注入軟膏は、長期連用を避ける必要がある。
    4. 坐剤及び注入軟膏は、成分の一部が直腸粘膜から吸収されるが、循環血流中に移行することはない。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問083】

    次の泌尿器用薬に含まれる成分のうち、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられる成分として、最も適切なものを1つ選びなさい。

    1. ソウハクヒ
    2. カゴソウ
    3. ウワウルシ
    4. ブクリョウ
    5. キササゲ

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問084】

    婦人薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. カンゾウは、抗炎症作用を期待して配合されている場合がある。
    2. エチニルエストラジオールは、妊婦でも使用できる。
    3. トウキは、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強壮、鎮静、鎮痛等の作用を期待して用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問085】

    婦人薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 鎮痛・鎮痙作用を期待して、シャクヤクやボタンピが配合されている場合がある。
    2. シアノコバラミンを摂取することにより尿が黄色くなることがある。
    3. 鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して、モクツウが配合されている場合がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)