主な医薬品とその作用【問091~095】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問091】

    外用の歯痛・歯槽膿漏薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 歯痛薬は、歯の齲蝕(むし歯)が修復されることにより歯痛を応急的に鎮めることを目的とする一般用医薬品である。
    2. フェノールは、殺菌消毒成分として歯痛薬に用いられるが、粘膜刺激を生じることがあるため、 歯以外の口腔粘膜や唇に付着しないように注意が必要である。
    3. チョウジ油は、抗炎症作用を期待して歯槽膿漏薬に配合されている場合がある。
    4. ジブカイン塩酸塩は、齲蝕(むし歯)によって露出した歯髄を通っている知覚神経の伝達を遮断して 痛みを鎮めることを目的として歯痛薬に用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問092】

    口内炎用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して、アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が配合されている場合がある。
    2. 茵蔯蒿湯は口内炎の内服薬としても使用されるが、胃腸が弱く下痢をしやすい人には不向きとされる。
    3. 患部からの細菌感染を防止することを目的として、クロルヘキシジン塩酸塩等の殺菌消毒成分が配合されている場合がある。
    4. シコンは、アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬で、抗炎症作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問093】

    ニコチン及び禁煙補助剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 禁煙補助剤は、噛むことにより口腔内でニコチンが放出され、唾液とともに飲み込まれた後、 胃粘膜から吸収されて循環血液中に移行する咀嚼剤と、1日複数回皮膚に貼付することによりニコチンが皮膚を 透過して血中に移行するパッチ製剤がある。
    2. 3ヶ月以内に心筋梗塞の発作を起こした人、重い狭心症や不整脈と診断された人では、循環器系 に重大な悪影響を及ぼすおそれがあるため、使用を避ける必要がある。
    3. ニコチンは、交感神経系を興奮させる作用を示すため、アドレナリン作動成分が配合された医薬品 (鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、痔疾用薬等)との併用により、その作用を増強させるおそれがある。
    4. 禁煙に伴うニコチン離脱症状は、通常、禁煙開始から1~2ヶ月の間に起きることが多い。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問094】

    保健薬に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 滋養強壮に用いられる主な漢方処方製剤には、十全大補湯や補中益気湯がある。
    2. 生薬成分であるゴオウ、ゴミシ、ロクジョウの配合については、医薬品においてのみ認められている。
    3. 医薬部外品の保健薬の効能・効果の範囲には、滋養強壮のほか、神経痛、筋肉痛、関節痛、しみ・そばかす 等のような特定部位の症状の改善が含まれる。
    4. 医薬部外品の保健薬の配合成分は、人体に対する作用が緩和なものに限られるが、配合されるビタミン成分の1日最大量は規定されていない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問095】

    次の表は、ある一般用医薬品のビタミン主薬製剤に含まれている成分の一覧である。

    <1カプセル中>
    ・ビタミンA油 ― 4mg(ビタミンAとして4000国際単位)
    ・コレカルシフェロール ― 5μg(ビタミンDとして200国際単位)
    ・酢酸d-α-トコフェロール ― 10mg

    このビタミン主薬製剤及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. この医薬品は、成人(15歳以上)では1日2カプセルまで服用してよい。
    2. 妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人が服用する場合は、 服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談することとされている。
    3. ビタミンDの過剰症として高カルシウム血症が知られており、初期症状として吐きけ、嘔吐等がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)