主な医薬品とその作用【問086~090】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問086】

    駆虫薬及び駆虫薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すため、ヒマシ油が併用される。
    2. カイニン酸は、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。
    3. サントニンは、服用後、一時的に物が黄色く見えたり、耳鳴り、口渇が現れることがある。
    4. パモ酸ピルビニウムは、空腹時に服用するよりも、脂質分の多い食事の後に服用した方が効果的である。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問087】

    外用痔疾用薬に含まれる成分と、その主な配合目的に関する次の組み合わせのうち、正しいものはどれか。

    No 成分 主な配合目的
    1 メチルエフェドリン塩酸塩 抗ヒスタミン成分による鎮痒作用
    2 ヒドロコルチゾン酢酸エステル 抗炎症作用
    3 ビタミンA 末梢血管の血行を改善する作用
    4 ジフェンヒドラミン塩酸塩 収斂保護止血作用
    5 タンニン酸 局所刺激成分による鎮痒作用

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問088】

    泌尿器に用いられる漢方処方製剤に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき製剤の正しい組み合わせはどれか。

    ( a )は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。
     ( b )は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(おりもの)、 頻尿に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
     ( c )は、体力中等度以下で、疲れやすくて尿量減少または多尿で、ときに手足のほてり、口渇があるものの 排尿困難、残尿感、頻尿、むくみ、痒み、夜尿症、しびれに適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、 胃部不快感、腹痛、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

    No a b c
    1 六味丸 猪苓湯 竜胆瀉肝湯
    2 猪苓湯 竜胆瀉肝湯 六味丸
    3 竜胆瀉肝湯 猪苓湯 六味丸
    4 六味丸 竜胆瀉肝湯 猪苓湯

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問089】

    外用の歯痛薬に含まれる成分と、その主な配合目的に関する次の組み合わせの正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    (成分) (主な配合目的)
    a フェノール 局所麻酔作用
    b サンシシ 抗炎症作用
    c ジブカイン塩酸塩 殺菌消毒作用
    d メントール 鎮痛・鎮痒作用

    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問090】

    次の表は、ある止瀉薬に含まれている成分の一覧である。

    <2カプセル中>
    アクリノール水和物 ― 30mg
    ベルベリン塩化物水和物 ―70mg
    次硝酸ビスマス ― 200mg
    ロートエキス ― 20mg
    エンゴサク末 ― 70mg
    カンゾウ末 ― 80mg

    この止瀉薬を購入しようとしている女性に対する説明の趣旨の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ベルベリン塩化物水和物は、収斂作用のほか、腸内で発生した有毒物質を分解する作用も持つ成分です。
    2. 母乳を与える女性では使用を避けるか、または使用期間中の授乳を避けることが必要です。
    3. 緑内障の方でも安心して服用できます。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)