主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問076】

    胃腸に作用する薬に配合される成分とその作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    (成分) (作用)
    a ケツメイシ 整腸(便通を整える)作用
    b ゴバイシ 苦味による健胃作用
    c アカメガシワ 胃粘膜を保護する作用
    d ボレイ 細菌感染による下痢の症状を鎮める作用
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問077】

    ヒマシ油に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. ヒマシ(トウダイグサ科のトウゴマの種子)を圧搾して得られた油を用いた生薬である。
    2. 腸内容物の急速な排除を目的として用いられ、急激で強い瀉下作用(峻下作用)を示す。
    3. 吸収された成分の一部が乳汁中に移行して、乳児に下痢を引き起こすおそれがあり、母乳を与える女性 では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避ける必要がある。
    4. 防虫剤や殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合等、脂溶性の物質による中毒に使用する。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問078】

    眠気を促す薬とその成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 抑肝散は、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症、歯ぎしり、 更年期障害、血の道症に適すとされる。
    2. 生薬成分のみからなる鎮静薬であれば、長期連用しても問題ない。
    3. ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳内におけるヒスタミン刺激を高めて、眠気を促す。
    4. カノコソウ、チャボトケイソウは、神経の興奮・緊張緩和を期待して配合されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問079】

    一般用医薬品に含まれているカフェインに関する以下の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい 組み合わせを下から一つ選びなさい。

    眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量はカフェインとして( a )mg、1日摂取量では( b )mgが上限とされている。

    No a b
    1 100 500
    2 200 500
    3 200 1,000
    4 400 1,000
    5 400 1,500

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問080】

    泌尿器用薬とそれに配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 日本薬局方収載のウワウルシは、煎薬として残尿感、排尿に際して不快感のあるものに用いられる。
    2. 猪苓湯は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。
    3. 尿量増加(利尿)作用を期待して、カゴソウ(シソ科のウツボグサの花穂を基原とする生薬)が配合されている場合がある。
    4. 竜胆瀉肝湯は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(おりもの)、頻尿に 適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)