主な医薬品とその作用【問071~075】

    【問071】

    口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 口内炎などにより口腔内にひどいただれがある人では、刺激感等が現れやすいほか、循環血流中への移行による全身的な影響も生じやすくなる。
    2. 噴射式の液剤では、息を吸いながら噴射すると気管支や肺に入ってしまうおそれがあるため、 軽く息を吐いたり、声を出しながら噴射することが望ましい。
    3. トローチ剤やドロップ剤は、噛み砕いて飲み込むことにより、殺菌消毒作用の効果が増す。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問072】

    ポビドンヨードが配合されたうがい薬(含嗽薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. ポビドンヨードは、炎症を和らげる目的で配合されている。
    2. 銀を含有する歯科材料(義歯等)が変色することがある。
    3. まれにショック(アナフィラキシー)、アナフィラキシー様症状のような全身性の重篤な副作用を生じることがある。
    4. 甲状腺における、ホルモン産生に影響を及ぼす可能性がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問073】

    胃の薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 胃の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤としては、安中散、人参湯(理中丸)、平胃散、 六君子湯があるが、これらはいずれも構成生薬としてカンゾウを含む。
    2. ソファルコン、テプレノンは、胆汁の分泌を促す作用(利胆作用)があるとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。
    3. 健胃薬に配合される生薬成分は独特の味や香りを有し、唾液や胃液の分泌を促して胃の働きを活発にする作用があるとされる。
    4. 制酸薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問074】

    胃の薬の配合成分とその目的とする作用との関係について、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    (配合成分) (目的とする作用)
    a デヒドロコール酸 制酸
    b メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 消泡
    c ゲファルナート 胃粘膜保護・修復
    d ピレンゼピン塩酸塩 胃液分泌抑制

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問075】

    腸の薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. センナは、吸収された成分の一部が乳汁中に移行して、乳児に下痢を生じるおそれがあり、母乳を 与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避ける必要がある。
    2. 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を 刺激して排便を促す。
    3. ロペラミド塩酸塩は、中枢神経系を抑制する作用もあり、副作用としてめまいや眠気が現れること があるため、乗物又は機械類の運転操作を避ける必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)