主な医薬品とその作用【問066~070】

    【問066】

    眠気を促す薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 生薬成分のみからなる鎮静薬であっても、複数の鎮静薬の併用や、長期連用は避ける必要がある。
    2. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的な不眠症状の緩和に用いられるものであり、 一時的な睡眠障害(寝つきが悪い、眠りが浅い)に用いられるものではない。
    3. アリルイソプロピルアセチル尿素が配合された医薬品を使用した後は、眠気を催しやすいため、 乗物又は危険を伴う機械類の運転操作を避ける必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問067】

    カフェインに関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量は、カフェインとして200mg、1日摂取量は500mgが上限とされている。
    2. カフェインは、反復摂取により、依存を形成するという性質がある。
    3. カフェインは、腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収を促進する。
    4. カフェインは、胃液分泌抑制作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振、悪心・嘔吐)が現れることがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問068】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 乗物酔い防止薬には、3歳未満の乳幼児向けの製品はない。
    2. ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。
    3. メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが速く持続時間が長い。
    4. カフェインは、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的 として配合され、また、乗物酔いに伴う頭痛を和らげる作用も期待される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問069】

    小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 古くから伝統的に用いられており、作用が穏やかで小さな子供に使っても副作用がない。
    2. 鎮静作用のほか、血液の循環を促す作用があるとされる生薬成分を中心に配合されている。
    3. 夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めるほか、小児における虚弱体質、消化不良などの改善を目的とする医薬品である。
    4. 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、比較的長期間(1ヶ月位)継続して服用されることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問070】

    鎮咳去痰薬とその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. コデインリン酸塩は、母乳へは移行しないため、授乳中の人はその摂取に注意する必要はない。
    2. 高齢者では、心臓病や高血圧、糖尿病の基礎疾患がある場合が多いため、アドレナリン作動成分 やマオウを含む製剤を使用する前にその適否を十分考慮する必要がある。
    3. 口腔咽喉薬の効果を兼ねたトローチ剤やドロップ剤に配合される殺菌消毒成分は、口腔内及び咽頭部において局所的に作用する。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)