主な医薬品とその作用【問061~065】

    【問061】

    かぜ薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. かぜ薬に配合されるブロメラインは、タンパク質分解酵素で、体内で産生される炎症物質(起炎性ポリペプチ ド)を分解する作用がある。
    2. かぜ薬に配合される鎮咳成分であるコデインリン酸塩には、依存性がある。
    3. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、体内から除去することで、かぜの諸症状の緩和を図るものである。
    4. かぜの時に消耗しやすいビタミンCの補給を目的として、リボフラビンが配合されている場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問062】

    かぜ薬の配合成分とその目的とする作用との関係について、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    (配合成分) (目的とする作用)
    a ブロムヘキシン塩酸塩 くしゃみや鼻汁を抑える
    b イソプロピルアンチピリン 発熱を鎮め、痛みを和らげる
    c メキタジン 中枢神経系に作用し、咳を抑える
    d リゾチーム塩酸塩 鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげる

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問063】

    次の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを1つ選びなさい。

    体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性 鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、 発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
     まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症を生じることが知られている。

    1. 麻黄湯
    2. 葛根湯
    3. 小柴胡湯
    4. 小青竜湯
    5. 香蘇散

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問064】

    解熱鎮痛薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. エテンザミドは、痛みの発生を抑える働きが作用の中心となっている他の解熱鎮痛成分に比べ、 痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強い。
    2. アセトアミノフェンは、主として中枢性の作用によって解熱・鎮痛をもたらし、さらに末梢に おける抗炎症作用も期待できる。
    3. 解熱鎮痛薬は、発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すものではなく、 発熱や痛みを緩和するために使用される医薬品(内服薬)の総称である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問065】

    解熱鎮痛薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. エテンザミドは、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合されることが多く、アセトアミノフェン、 カフェイン、エテンザミドの組み合わせは、それぞれの頭文字から「ACE処方」と呼ばれる。
    2. エテンザミド、アセトアミノフェン、イブプロフェンは、サリチル酸系解熱鎮痛成分である。
    3. アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)は、ライ症候群の発生との関連性が示唆されて いることから、一般用医薬品では、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはいけない。
    4. アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比べて、胃腸障害が起こりにくい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)