主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問076】

    駆虫薬に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すために併用する瀉下薬として、ヒマシ油を用いる。
    2. 一般用医薬品の駆虫薬は、腸管内に生息する虫体に作用するが、虫卵や腸管内以外に潜伏した 幼虫(回虫の場合)には駆虫作用が及ばない。
    3. 一般用医薬品の駆虫薬は、一度に多く服用しても駆虫効果が高まることはなく、かえって副作用が 現れやすくなるため、定められた1日の服用回数や服用期間を守って適正に使用されることが重要である。
    4. 食事を摂って消化管内に内容物があるときに駆虫薬を使用すると、消化管内容物の消化・吸収に 伴って駆虫成分の吸収が高まることから、一般用医薬品の駆虫薬では食後に使用することとされているものが多い。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問077】

    強心薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の収縮による血圧上昇作用があるとされる。
    2. ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、 呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用があるとされる。
    3. 苓桂朮甘湯は、強心作用が期待される生薬は含まれず、主に尿量増加(利尿)作用により、水毒(漢方の考え方で、体の 水分が停滞したり偏在して、その循環が悪いことを意味する。)の排出を促すことを主眼とする。
    4. リュウノウは、ウグイスガイ科のアコヤガイ、シンジュガイ又はクロチョウガイ等の外套膜組成中に 病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問078】

    コレステロール及び高コレステロール改善薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. コレステロールは、細胞の構成成分で、胆汁酸や副腎皮質ホルモン等の生理活性物質の産生に 重要な物質でもある等、生体に不可欠な物質である。
    2. リノール酸は、末梢組織におけるコレステロールの吸収を抑えることを主な目的として配合される。
    3. リボフラビンは、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。
    4. ビタミンEは、コレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進 する作用があるとされ、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問079】

    貧血用薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 銅は、ヘモグロビンの産生過程で、鉄の代謝や輸送に重要な役割を持ち、補充した鉄分を利用して ヘモグロビンが産生されるのを助ける目的で、硫酸銅が配合されている場合がある。
    2. コバルトは、糖質・脂質・タンパク質を代謝する際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成 を促進する目的で、硫酸コバルトが配合されている場合がある。
    3. 貧血を改善するため、ヘモグロビン産生に必要なビタミンB6や、正常な赤血球の形成に働く ビタミンB12や葉酸などが配合されている場合がある。
    4. 鉄製剤服用の前後30分にタンニン酸を含む飲食物(緑茶、紅茶、コーヒー、ワイン、柿等)を 摂取すると、タンニン酸と反応して鉄の吸収が良くなる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問080】

    循環器用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. ユビデカレノンは、心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果 を示すとされ、軽度な心疾患により日常生活の身体活動を少し越えたときに起こる動悸、息切れ、むくみの症状に用いられる。
    2. イノシトールヘキサニコチネートは、ニコチン酸を遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされる。
    3. ルチンは、ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。
    4. 七物降下湯は、体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向 などのあるものの高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に適すとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)