主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問076】

    婦人薬に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. エチニルエストラジオールは、妊娠中でも安全に使用することができる。
    2. 女性ホルモン成分の長期連用により血栓症を生じるおそれがある。
    3. コウブシは、鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して配合されている場合がある。
    4. トウキは、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強壮、鎮静、鎮痛等の作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問077】

    内服アレルギー用薬及び内服アレルギー用薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. ジフェンヒドラミンサリチル酸塩は、吸収されたジフェンヒドラミンの一部が乳汁に移行して乳児に昏睡を生じるおそれがある。
    2. メキタジンは、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少を生じることがある。
    3. アレルギー症状が現れる前から予防的にアレルギー用薬を使用することを、減感作療法という。
    4. モノアミン酸化酵素阻害剤を服用している人が、プソイドエフェドリン塩酸塩を服用すると、プソイドエフェドリンが 急速に代謝され、副作用が現れやすくなる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問078】

    次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

    体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症に適すとされるが、 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸虚弱で冷え症の人では、胃部不快感等の副作用が現れやすいなど、不向きとされている。

    1. 芍薬甘草湯
    2. 半夏厚朴湯
    3. 大黄牡丹皮湯
    4. 温清飲
    5. 辛夷清肺湯

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問079】

    鼻に用いる薬に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ケトチフェンは、鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止することを目的として配合される。
    2. リドカイン塩酸塩は、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑えることを目的として配合されている場合がある。
    3. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示し、花粉、 ハウスダスト(室内塵)等による鼻アレルギー症状の緩和を目的として配合される。
    4. ナファゾリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させることにより、鼻粘膜 の充血や腫れを和らげることを目的として配合される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問080】

    尿糖・尿タンパク検査薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 尿中のタンパク値に異常を生じる要因については、尿路に異常が生じたことによるものとして腎炎やネフローゼがある。
    2. 尿糖値に異常を生じる要因は、一般に高血糖と結びつけて捉えられることが多いが、腎性糖尿等のように高血糖を伴わない場合もある。
    3. 通常、尿は弱酸性であるが、食事やその他の影響で中性?弱アルカリ性に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)