主な医薬品とその作用【問061~065】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問061】

    次の表は、あるかぜ薬に含まれている成分の一覧である。

    <9錠中>
    クレマスチンフマル酸塩 ― 1.34mg
    ベラドンナ総アルカロイド ― 0.3mg
    ブロムヘキシン塩酸塩 ― 12mg
    トラネキサム酸 ― 420mg
    アセトアミノフェン ― 900mg
    dl-メチルエフェドリン塩酸塩 ― 60mg
    ジヒドロコデインリン酸塩 ― 24mg
    無水カフェイン ― 60mg
    ベンフォチアミン(ビタミンB1 誘導体) ― 24mg

    このかぜ薬に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. クレマスチンフマル酸塩は、発熱を鎮め、痛みを和らげる目的で配合されている。
    2. ベラドンナ総アルカロイドは、抗コリン作用によって鼻汁分泌を抑えることを目的として配合されている。
    3. ブロムヘキシン塩酸塩は、鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげることを目的として配合されている。
    4. トラネキサム酸は、炎症の発生を抑え、腫れを和らげることを目的として配合されているが、凝固 した血液を溶解されにくくする働きもある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問062】

    漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、 肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、 発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    2. 小柴胡湯は、インターフェロン製剤で治療を受けている人では、間質性肺炎の副作用が現れるおそれが高まる。
    3. 桂枝湯は、体力虚弱で、汗が出るもののかぜの初期に適すとされる。
    4. 小青竜湯は、体力中等度またはやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、 気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、 体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問063】

    次の表は、ある解熱鎮痛薬に含まれている成分の一覧である。

    <1錠中>
    エテンザミド ― 200mg
    アセトアミノフェン ― 80mg
    アリルイソプロピルアセチル尿素 ― 30mg
    無水カフェイン ― 40mg

    この解熱鎮痛薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. エテンザミドは、痛みの発生を抑える働きが作用の中心となっている他の解熱鎮痛成分に比べ、 痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強い。
    2. アセトアミノフェンが配合された坐薬と内服薬とは影響し合わないので、アセトアミノフェンが 配合された坐薬を併用してもよい。
    3. アリルイソプロピルアセチル尿素は、反復して摂取すると依存を生じることが知られており、本来の 目的から逸脱した使用(乱用)がなされることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問064】

    解熱鎮痛薬及び解熱鎮痛薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用であり、他の解熱鎮痛成分では発現しない。
    2. イブプロフェンは、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎またはクローン氏病の既往歴がある人において、 それら疾患の再発を招くおそれがある。
    3. サリチルアミドは、インフルエンザにかかっている15 歳未満の小児に対しては使用を避ける必要がある。
    4. 現在では、サザピリンが一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分となっている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問065】

    眠気を促す薬に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 一般用医薬品の酸棗仁湯は、症状の原因となる体質の改善を主眼としているため、症状の改善がみられなくても1ヶ月継続して服用する必要がある。
    2. 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、抗ヒスタミン成分を主薬とする睡眠改善薬の適用対象である。
    3. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的に不眠症状がある人や、医療機関において 不眠症の診断を受けている人を対象とするものではない。
    4. 加味帰脾湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)