人体の働きと医薬品【問071~075】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問071】

    外皮系に関する以下の記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. ヒトの皮膚の表面には常に一定の微生物が付着しており、それら微生物の存在によって、皮膚の 表面での病原菌の繁殖が促進される。
    2. メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、太陽光 に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。
    3. 体温が下がり始めると血管は拡張して、放熱を抑える。
    4. 皮脂の分泌が低下すると皮膚が乾燥し、皮膚炎や湿疹を起こすことがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問072】

    医薬品の吸収に関する以下の記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品成分を取り込むのではなく、濃度の高い方 から低い方へ受動的に拡散して吸収される。
    2. 坐剤は、内服の場合よりも全身作用がゆっくり現れる。
    3. 点眼剤は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがあるため、眼以外の部位に到達して副作用を起こすことがある。
    4. 有効成分が皮膚から浸透して体内の組織で作用する医薬品は、皮膚の状態、傷の有無やその 程度によって、浸透する量に影響を受けない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問073】

    医薬品の代謝や排泄に関する以下の記述について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 肝臓の機能が低下した人では、正常な人に比べて医薬品の効き目が過剰に現れることがある。
    2. 多くの医薬品の有効成分は、血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成し、複合体を形成 している有効成分の分子は、薬物代謝酵素の作用で代謝される。
    3. 医薬品の成分によっては、未変化体又は代謝物として、腎臓から尿中へ、肝臓から胆汁中へ、又は肺から呼気中へ排出される。
    4. 血漿タンパク質と医薬品の有効成分との複合体は、腎臓で濾過され、尿中に排泄される。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問074】

    医薬品の剤型に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 錠剤(内服)を水なしで服用すると、喉や食道に張り付いてしまうことがあり、喉や食道の粘膜を傷めるおそれがある。
    2. 顆粒剤は粒の表面がコーティングされているものもあるので、噛み砕かずに水などで服用する。
    3. カプセル剤は、カプセルの原材料として広く用いられるゼラチンがブタなどのタンパク質を主成分 としているため、ゼラチンに対してアレルギーを持つ人は使用を避けるなどの注意を必要とする。
    4. チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤型のため、水なしでも服用できる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問075】

    外用局所に適用する剤型に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 液剤は、軟膏剤とクリーム剤に比べて、患部が乾きやすいという特徴があり、適用部位に直接的 な刺激感等を与える場合がある。
    2. テープ剤は、適用部位に有効成分が一定時間留まるため、薬効の持続が期待できるが、適用部位に かぶれなどを起こす場合もある。
    3. クリーム剤は、有効成分が適用部位に止まりやすいという特徴があり、軟膏剤と比べて適用部位を 水から遮断したい場合に用いることが多い。
    4. スプレー剤は、手指等では塗りにくい部位や、広範囲に適用する場合に適している。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)