薬事に関する法規と制度【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問051】

    店舗販売業に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 薬剤師が従事していれば、調剤を行うことが認められている。
    2. 店舗販売業者は、要指導医薬品については、薬剤師に販売又は授与させなければならない。
    3. 店舗管理者は、薬剤師でなければならない。
    4. 店舗管理者は、その店舗の所在地の都道府県知事(その店舗の所在地が保健所を設置する市又は 特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)の許可を受けたときを除き、その店舗以外の場所で業として店舗の 管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問052】

    配置販売業に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 配置販売業者は、すべての一般用医薬品を販売することができる。
    2. 配置販売業に従事する配置員は、配置販売業者が発行する身分証明書を携帯しなければ、医薬品 の配置販売に従事してはならない。
    3. 医薬品を開封して分割販売することは禁止されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問053】

    第一類医薬品を販売した際に書面に記載しなければならない事項のうち、誤っているものはどれか。

    1. 販売した日時
    2. 購入者の年齢及び性別
    3. 販売した薬剤師の氏名
    4. 情報提供を行った薬剤師の氏名

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問054】

    要指導医薬品を販売する場合の情報提供に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 薬剤師は対面により法施行規則第158条の12第2項で定める事項を記載した書面を用いて、情報提供することが望ましい。
    2. 購入者から説明を要しない旨の意思の表明があり、薬剤師が、当該要指導医薬品が適正に使用される と認められると判断した場合には、販売に当たって、情報提供を行う必要はない。
    3. 他の薬剤又は医薬品の使用状況や当該要指導医薬品に係る購入、譲受け又は使用の経験の有無等については、あらかじめ確認しなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問055】

    店舗販売業における一般用医薬品の陳列に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. かぎをかけた陳列設備に第一類医薬品を陳列する場合は、第一類医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列しなくてもよい。
    2. 第三類医薬品は、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。
    3. 第一類医薬品陳列区画内であれば、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在して陳列してもよい。
    4. 医薬品を販売する店舗と同一店舗で併せて、食品(保健機能食品を含む。)、医薬部外品等の販売が 行われる場合には、医薬品と他の物品を区別して貯蔵又は陳列することが求められる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)