主な医薬品とその作用【問051~055】

    【問051】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 口内炎の再発を繰り返す場合、ベーチェット病などの可能性も考えられるので、医療機関を受診するなどの対応が必要である。
    2. 口内炎用薬に配合されるアズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、患部からの細菌感染を防止することを目的としている。
    3. 口内炎用薬に配合されるシコンは、口腔くう粘膜の組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問052】

    咀嚼剤である禁煙補助剤に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。
    2. 大量に使用しても禁煙達成が早まるものでなく、かえってニコチン過剰摂取による副作用のおそれがあるため、1度に2個以上の使用は避ける必要がある。
    3. 噛むことにより、口腔内でニコチンが放出され、口腔粘膜から吸収されて循環血液中に移行する。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問053】

    ビタミン成分に関する次のa~dの記述について、正しい組み合わせを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. ビタミンB2は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
    2. ビタミンEは、体内の脂質を酸化から守り、細胞の活動を助ける栄養素であり、血流を改善させる作用もある。
    3. ビタミンDの過剰症としては、低カルシウム血症が知られている。
    4. ビタミンC主薬製剤は、目の乾燥感、夜盲症(とり目)の症状の緩和に用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問054】

    滋養強壮保健薬に用いられる成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、細胞の機能が正常に働くために重要な物質であり、肝臓機能を改善する働きがあるとされる。
    2. システインは、皮膚の新陳代謝を活発にしてメラニンの排出を抑える働きがあるとされる。
    3. ヘスペリジンは、ビタミン様物質のひとつで、滋養強壮保健薬のほか、かぜ薬等にも配合されている場合がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問055】

    漢方処方製剤に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 漢方薬はすべからく作用が緩やかで、副作用が少なく、重篤な副作用は起きない。
    2. 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。
    3. 防風通聖散は、構成生薬としてマオウを含む。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)