主な医薬品とその作用【問046~050】

    【問046】

    点眼薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. コンタクトレンズをしたままでの点眼は、ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズに関わらず、添付文書に使用可能と記載されてない限り行うべきでない。
    2. 点眼後は、数秒間、眼瞼(まぶた)を閉じて、薬液を結膜嚢内に行き渡らせるが、その際、目頭を押さえると、薬液が鼻腔内へ流れ込むのを防ぐことができ、効果的とされる。
    3. 点眼の際には、容器の先端を眼瞼(まぶた)につけて、薬液が確実に目の中に入るように注意しながら1滴ずつ正確に点眼することとされている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問047】

    点眼薬に配合される成分とその作用の関係が正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    (成分) (作用)
    a ネオスチグミンメチル硫酸塩 コリンエステラーゼの働きを抑える
    b ビタミンB6 血管を収縮させて目の充血を除去する
    c 硫酸亜鉛水和物(硫酸亜鉛) 新陳代謝を促し、目の疲れを改善する
    d コンドロイチン硫酸ナトリウム 結膜や角膜の乾燥を防ぐ

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問048】

    外皮用薬に配合される抗炎症成分のうち、ステロイド性抗炎症成分を次の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. ケトプロフェン
    2. デキサメタゾン
    3. フェルビナク
    4. インドメタシン
    5. ピロキシカム

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問049】

    みずむし・たむし用薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. テルビナフィン塩酸塩は、菌のDNA合成を阻害することにより、その増殖を抑える。
    2. オキシコナゾール硝酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。
    3. 湿疹か皮膚糸状菌による皮膚感染かはっきりしない場合には、抗真菌成分が配合された医薬品が第一選択薬として使用される。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問050】

    歯槽膿漏薬に配合される次のa~dの成分のうち、止血成分に該当するものの正しい組み合わせを次の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. フィトナジオン(ビタミンK1)
    2. アミノ安息香酸エチル
    3. カルバゾクロム
    4. チモール
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)