主な医薬品とその作用【問041~045】

    【問041】

    外用痔疾用薬に配合される次のa~dの成分のうち、抗炎症成分に該当するものの正しい組み 合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. グリチルレチン酸
    2. ヒドロコルチゾン酢酸エステル
    3. リドカイン
    4. ベンザルコニウム塩化物
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問042】

    泌尿器用薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、 その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 竜胆瀉肝湯は、構成生薬としてカンゾウを含んでいる。
    2. ウワウルシ(ツツジ科のクマコケモモの葉を基原とする生薬)は、利尿作用のほかに、経口的に摂取した後、尿中に 排出される分解代謝物が抗菌作用を示し、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられる。
    3. 猪苓湯は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適するとされる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問043】

    婦人薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、 その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. エチニルエストラジオールは、妊婦が摂取しても全く問題がない。
    2. エストラジオールは、 吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが考えられ、母乳を与える女性では使用を 避けることが望ましいとされている。
    3. 柴胡桂枝乾姜湯は、まれに重篤な副作用として、間質性肺炎を生じることが知らている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問044】

    アレルギー用薬に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から 一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. アゼラスチンは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す。
    2. パンテノールは、依存性がある成分であり、長期間にわたって連用された場合、薬物依存につながるおそれがある。
    3. フェニレフリン塩酸塩は、副交感神経を刺激して、血管を収縮させることによって鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的としている。
    4. ジフェンヒドラミン塩酸塩は、母乳を与える女性は使用を避けるか、使用する場合には授乳を避ける必要がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問045】

    スプレー式鼻炎用点鼻薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. ナファゾリン塩酸塩が配合された点鼻薬は、過度に使用されると二次充血を招き、鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすい。
    2. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示し、アレルギー性でない鼻炎に対して効果が高い。
    3. ベンザルコニウム塩化物は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌又はカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示し、結核菌にも効果がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)