薬事に関する法規と制度【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問046】

    保健機能食品等の食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 特別用途食品は、健康増進法の規定に基づき、「特別の用途に適する旨の表示」の許可を受けた 食品であり、消費者庁の許可等のマークが付されている。
    2. 機能性表示食品は、販売前に安全性及び機能性に関する審査を受け、消費者庁長官の許可を 取得することが必要である。
    3. 栄養機能食品は、栄養成分の機能表示に関して、消費者庁長官の許可は要さない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問047】

    医薬部外品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬部外品を製造販売する場合には、医薬部外品製造販売業の承認が必要であり、品目ごとに 許可を得る必要がある。
    2. 医薬部外品を販売する場合には、医薬部外品販売業の届出が必要である。
    3. 医薬部外品には、ねずみ、蚊などの防除の目的のために使用される機械器具も含まれる。
    4. かつて医薬品であったが、医薬部外品へ移行された製品群がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問048】

    化粧品の効能効果の範囲に関する次の事項のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. ひび、あかぎれの改善
    2. カミソリまけを防ぐ
    3. ムシ歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)
    4. 毛髪につやを与える
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問049】

    薬局及び医薬品の販売業の許可に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品医療機器等法第25条において医薬品の販売業の許可は、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。
    2. 薬局における一般の生活者に対する医薬品の販売行為は、薬局の業務に付随して行われる行為であるので、別途、店舗販売業の許可は必要としない。
    3. 医薬品の販売業の許可は、6年ごとに、薬局の許可は、5年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によってその効力を失う。
    4. 薬局、店舗販売業及び配置販売業では、特定の購入者の求めに応じて医薬品の包装を開封して分割販売することができる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問050】

    医薬品医療機器等法に基づく薬局に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 調剤を実施する薬局は、医療法においては医療提供施設に位置づけられている。
    2. 薬局で取り扱う一般用医薬品のうち第二類医薬品又は第三類医薬品の販売等であっても、登録販売者は購入者等への情報提供や相談対応を行うことができない。
    3. 医薬品を取り扱う場所であって、薬局として開設許可を受けていないものについては、病院又は 診療所の調剤所であっても、薬局の名称を付してはならない。
    4. 薬局開設者が薬剤師でないときは、その薬局で薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから 管理者を指定して実地に管理させなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)