人体の働きと医薬品【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問036】

    皮膚粘膜眼症候群に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 38℃以上の高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が比較的短時間のうちに全身 の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる。
    2. 発症原因となる可能性がある医薬品の種類は少ないため、発症の予測は極めて容易である。
    3. ライエル症候群とも呼ばれる。
    4. 原因医薬品の使用開始後1ヶ月以上経ってから起こることがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問037】

    偽アルドステロン症に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 体内にカリウムと水が貯留し、体からナトリウムが失われることによって生じる。
    2. 副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加することによって生じる。
    3. 主な症状としては、手足の脱力、血圧上昇、筋肉痛等がある。
    4. 小柄な人や高齢者で生じやすい。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問038】

    医薬品により精神神経系に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み 合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 医薬品を長期連用したり、過量服用することで倦怠感や虚脱感を生じることがある。
    2. 血管に作用する医薬品により、頭痛やめまいを生じることがある。
    3. 無菌性髄膜炎は、早期に原因となった医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は 比較的良好であることがほとんどだが、重篤な中枢神経系の後遺症が残った例も報告されている。
    4. 無菌性髄膜炎は、医薬品の副作用が原因の場合、全身性エリテマトーデス、 混合性結合組織病、関節リウマチの基礎疾患がある人で発症リスクが高い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問039】

    医薬品により皮膚に現れる副作用に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを 下から一つ選びなさい。

    1. 接触皮膚炎の発症部位は、医薬品の接触部位に限定されない。
    2. 光線過敏症は、医薬品が触れた部分にのみ生じる。
    3. 光線過敏症は、貼付剤を剥がした後でも発症することがある。
    4. 薬疹は、医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、長期使用後 に現れることもある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問040】

    体の局所に現れる医薬品の副作用に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から 一つ選びなさい。

    1. 不整脈とは、全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、肺に血液 が貯留して、種々の症状を示す疾患である。
    2. 消化性潰瘍では、消化管出血に伴って糞便が黒くなることがある。
    3. 小児や高齢者、普段から便秘傾向のある人は、イレウス様症状(腸閉塞様症状)の発症リスクが高い。
    4. 間質性肺炎とは、気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じる疾患である。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)