主な医薬品とその作用元【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問031】

    腸に関する病態及びその薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. 腸の異常を生じる要因は、腸自体やその内容物によるものだけでなく、腸以外の病気等が自律神経系を介して腸の働きに異常を生じさせる場合もある。
    2. 瀉下薬には、腸管を刺激したり、糞便のかさや水分量を減らす働きがある成分が含まれている。
    3. 整腸薬には、腸内細菌の数やバランスに影響を与えたり、腸の活動を促す成分が主として配合されている。
    4. 整腸薬のうち、人体に対する作用が緩和なものは、医薬部外品として製造販売されている製品がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問032】

    次の腸の薬に含まれる成分とその作用の関係について、誤っているものを1つ選びなさい。

    No (成分) (作用)
    1 次硝酸ビスマス 腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を
    形成し、腸粘膜をひきしめる。
    2 ベルベリン 抗菌作用により、腸内細菌のバランスを
    正常に近づける。
    3 沈降炭酸カルシウム 腸管内の異常発酵によって生じた有害な
    物質を吸着する。
    4 ヒマシ油 分解物が主に大腸を刺激する。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問033】

    ブチルスコポラミン臭化物が配合されている胃腸鎮痛鎮痙薬を使用する際に特に注意が必要な 人として、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 排尿困難の症状がある人
    2. 心臓病の診断を受けた人
    3. 乗物又は機械類の運転を行う人
    4. 白内障の診断を受けた人

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問034】

    胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される成分に関する次の記述について、正しいものの組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. パパベリン塩酸塩は、抗コリン成分とは異なるため、眼圧上昇作用は見られない。
    2. メチルベナクチジウム臭化物の副作用として、口渇や便秘が見られる。
    3. 生薬では、ケシ科エンゴサクの塊茎であるエンゴサクが、鎮痛鎮痙作用を目的として配合される場合がある。
    4. オキセサゼインは、短期間では効果が得られないので、長期にわたって使用することが推奨されている。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問035】

    浣腸薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. 浣腸薬は、繰り返し使用することで直腸の感受性が高まり、効果が強くなる。
    2. 浣腸薬を便秘以外のときに直腸内容物の排除を目的として用いることは、適当でない。
    3. グリセリンが配合された浣腸薬は、排便時に血圧低下を生じて、立ちくらみの症状が現れるとの報告がある。
    4. 炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤は、直腸内で徐々に分解して水素ガスの微細な気泡を 発生することで、直腸を刺激する作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)