主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜ薬に含まれる主な配合成分に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 小児が使用するためにかぜ薬を販売する場合は、解熱鎮痛成分がアセトアミノフェンや生薬成分のみからなる製品の選択を提案することが重要である。
    2. 血栓のある人(脳梗塞、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)や血栓を起こすおそれのある人にトラネキサム 酸を含む製品を使用する場合は、治療を行っている医師に相談するなどの対応が必要である。
    3. 解熱鎮痛成分による胃腸障害の軽減を目的として、ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素が配合されていることがある。
    4. リゾチーム塩酸塩は、炎症を生じた鼻粘膜や喉の組織の修復に寄与するほか、痰の粘り気を弱め、また、気道 粘膜の線毛運動を促進して痰の排出を容易にする作用を示す。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問022】

    解熱鎮痛薬に関する次の記述について、正しいものの組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. 解熱鎮痛薬は、腹痛を含む痙攣性の内臓痛に対しては効果が期待できるが、月経痛(生理痛)に対しては効果が期待できない。
    2. アセトアミノフェンは、中枢作用による解熱・鎮痛効果は期待できない。
    3. アスピリンは、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない。
    4. イブプロフェンは、出産予定日12週以内の妊婦については、服用しないこととされている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問023】

    かぜ薬に配合される次の成分のうち、くしゃみや鼻汁を抑える目的で配合される成分を1つ選びなさい。

    1. アスピリン
    2. クロルフェニラミンマレイン酸塩
    3. アセトアミノフェン
    4. ブロムヘキシン塩酸塩
    5. トラネキサム酸

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問024】

    眠気を促す薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、睡眠改善薬の使用が効果的である。
    2. ジフェンヒドラミン塩酸塩などの抗ヒスタミン成分を含有する医薬品の服用後は、自動車の運転等に従事させてはならない。
    3. 飲酒とともにアリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬を服用すると、その薬効が減弱する おそれがあるため、服用時には飲酒を避ける必要がある。
    4. 医薬品の販売等に従事する専門家は、入眠障害、熟眠障害等の症状が慢性的に続いている人に 対しては、睡眠改善薬を増量するよう説明すべきである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問025】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する次の記述について、正しいものの組み合わせを下欄から選びなさい。

    1. 抗コリン成分は、眠気を促すほかに、目のかすみや異常なまぶしさを引き起こすことがある。
    2. スコポラミン臭化水素酸塩は、肝臓で徐々に代謝されるため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用持続時間が長い。
    3. メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用発現が早く、持続時間が短い。
    4. ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)