主な医薬品とその作用【問031~035】

    【問031】

    胃の薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 胃粘膜保護・修復成分として、テプレノンが配合される場合がある。
    2. 消化管内容物中に発生した気泡の分離を抑制することを目的として、ジメチルポリシロキサン(別名ジメチコン)が配合されている場合がある。
    3. ピレンゼピン塩酸塩水和物(ピレンゼピン塩酸塩)は、消化管の運動にほとんど影響を与えずに胃液の分泌を抑える作用を示すとされる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問032】

    次のa~cの記述は止瀉成分について述べたものである。該当するものの正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 収斂作用のほか、腸内で発生した有害物質を分解する作用も持つとされる。
    2. 腸管の運動を低下させる作用を示し、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用は避ける必要がある。
    3. 殺菌作用のほか、局所麻酔作用もあるとされる。
    No a b c
    1 アクリノール ロペラミド塩酸塩 ヒマシ油
    2 アクリノール ビサコジル 木クレオソート
    3 次没食子酸ビスマス ビサコジル ヒマシ油
    4 次没食子酸ビスマス ロペラミド塩酸塩 木クレオソート
    5 次没食子酸ビスマス ロペラミド塩酸塩 ヒマシ油

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問033】

    センノシドの主な薬理作用の説明として最もふさわしいものを、次の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を形成し、腸粘膜をひきしめる(収斂)。
    2. 結腸での水分の吸収を抑えて、糞便のかさを増大させる働きがあるとされる。
    3. 胃や小腸で消化されないが、大腸に生息する腸内細菌によって分解され、分解生成物が大腸を刺激して瀉下作用をもたらすと考えられている。
    4. 腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促す。
    5. 消化管(胃及び腸)の平滑筋に直接作用して、消化管運動を調整する作用(消化管運動が低下しているときは亢進的に、運動が亢進しているときは抑制的に働く。)があるとされる。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問034】

    胃腸鎮痛鎮痙薬に関する次の記述について、a~cの(  )に入る字句の正しい組み合わせ を下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
     ※なお、同じアルファベットの欄には同じ字句が入ります。

    急な胃腸の痛みは、主として胃腸の過剰な動き(痙攣)によって生じる。消化管の運動は( a )系の刺激によって 亢進し、また、( a )系は胃液分泌の亢進にも働く。そのため、( a )の伝達物質である( b )と受容体の反応を 妨げることで、その働きを抑える成分が、胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛、癪)を鎮めること(鎮痛鎮痙)のほか、胃酸過多や( c )に対する効果も期待して用いられる。

    No a b c
    1 交感神経 アセチルコリン 便秘
    2 交感神経 アドレナリン 胸やけ
    3 副交感神経 アドレナリン 便秘
    4 副交感神経 アセチルコリン 胸やけ
    5 副交感神経 アセチルコリン 便秘

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問035】

    駆虫薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 食事を摂って消化管内に内容物があるときに使用すると、消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、空腹時に使用することとされているものが多い。
    2. カイニン酸は、回虫に痙攣を起こさせる作用を示し、虫体を排便とともに排泄させることを目的として用いられる。
    3. サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用を示すとされている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)