人体の働きと医薬品【問036~040】

    【問036】

    副作用として現れる薬疹に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 赤い大小の斑点(紅斑)、小さく盛り上がった湿疹(丘疹)のほか、水疱を生じることもある。
    2. 医薬品によって引き起こされるアレルギー反応の一種である。
    3. 一度軽度の薬疹ですんだ人は、再度同種の医薬品を使用しても、副作用を生じることはない。
    4. 痒みの症状に対しては、重篤な症状への移行を防止するため、一般の生活者が自己判断で 別の医薬品を用いて対症療法を行う必要がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問037】

    副作用として現れる喘息に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 内服薬のほか、坐薬や外用薬でも誘発されることがある。
    2. 合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば、症状は寛解する。
    3. 症状は半日程度で回復し、重症化したり、死に至る危険性はない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問038】

    循環器系に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選び なさい。

    1. 鬱血性心不全とは、心筋の自動性や興奮伝達の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる病態である。
    2. 不整脈とは、全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、肺に血液が貯留して、種々の症状を示す疾患である。
    3. 不整脈の症状が現れたときには、直ちに原因と考えられる医薬品の使用を中止し、速やかに医師の診療を受ける必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問039】

    副作用として現れる間質性肺炎に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 発症すると、肺胞と毛細血管の間のガス交換効率が亢進する。
    2. 症状は、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳(痰の出ない咳)、発熱等を呈する。
    3. 必ずしも発熱は伴わない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問040】

    消化器系に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. イレウス様症状は、小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、発症のリスクが高い。
    2. 消化性潰瘍では、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐きけ、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
    3. 消化性潰瘍は、自覚症状が乏しい場合もあり、貧血症状(動悸や息切れ等)の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることもある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)