主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜ薬の主な配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげる目的で、ブロメラインが使われる。
    2. セミアルカリプロティナーゼは、痰粘液の粘り気を弱めて痰を切れやすくする。
    3. プソイドエフェドリン塩酸塩には依存性はない。
    4. リゾチーム塩酸塩の重篤な副作用に皮膚粘膜眼症候群がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問022】

    解熱鎮痛成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ピリン系解熱鎮痛成分により、薬疹等のアレルギー症状を起こすことがある。
    2. イソプロピルアンチピリンは、一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分である。
    3. 非ピリン系解熱鎮痛成分では、薬疹等のアレルギー症状は生じない。
    4. アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比較して胃腸障害を起こしにくい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問023】

    一般用医薬品に配合される成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 化学的に合成された解熱鎮痛成分により、皮膚粘膜眼症候群のような副作用は生じない。
    2. 15歳未満の小児に対し、インフルエンザ流行時に使用する解熱鎮痛成分としては、アセトアミノフェンの選択を提案したりする等の対応を図る。
    3. イブプロフェンは胃腸への悪影響が少なく、抗炎症作用も示すことから、15歳未満の小児に対しても使用できる。
    4. 解熱鎮痛成分の鎮痛作用を増強する効果を期待して、カフェインが配合されることがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問024】

    かぜ薬の主な配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. かぜ薬に、アドレナリン作動成分が配合されることがある。
    2. メチルエフェドリン塩酸塩には、気管支を拡張させる作用がある。
    3. くしゃみ・鼻水を抑える目的で、抗コリン作用を持つ成分が配合されることがある。
    4. トラネキサム酸には、凝固した血液を溶解しやすくする作用がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問025】

    解熱鎮痛成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 解熱鎮痛成分による肝臓でのプロスタグランジンの産生抑制により、肝臓で炎症を起こしやすくする可能性がある。
    2. 解熱鎮痛成分が代謝されて生じる物質がアレルゲンとなって、アレルギー性の肝障害を誘発することがある。
    3. 解熱鎮痛成分により、末梢におけるプロスタグランジンの産生が抑制され、腎血流量が増加する。
    4. 解熱鎮痛成分は、なるべく空腹時を避けて服用することとなっている場合が多い。

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)