主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問076】

    胃腸に作用する薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. エンゴサク(ケシ科のエンゴサクの塊茎)は、鎮痛鎮痙作用を期待して用いられる。
    2. メチルベナクチジウム臭化物は、交感神経の伝達物質であるノルアドレナリンと受容体の反応を 妨げることで、消化管の運動や胃液の分泌を抑える。
    3. パパベリン塩酸塩は、抗コリン成分であり、胃腸の痙攣を鎮める作用のほか、胃液分泌抑制作用も示す。
    4. オキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされ、胃腸鎮痛鎮痙薬と 制酸薬の両方の目的で使用される。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問077】

    駆虫薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. マクリ(フジマツモ科のマクリの全藻を基原とする生薬)は、回虫の駆除を目的として配合される。
    2. サントニンは、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされるが、尿や糞便が赤く着色することがある。
    3. パモ酸ピルビニウムは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として配合される。
    4. 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すために併用する瀉下薬として、ヒマシ油が用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問078】

    強心薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. レイヨウカクは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄の幼角を用いた生薬で、強心作用のほか、強壮、血行促進等の作用があるとされる。
    2. ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、呼 吸中枢を刺激して呼吸機能を高める等の作用があるとされる。
    3. インヨウカクは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血 管の拡張による血圧降下等の作用があるとされる。
    4. ジンコウは、ウグイスガイ科のアコヤガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原 とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問079】

    コレステロールに関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    コレステロールは水に( a )物質であるため、血液中では血漿タンパク質と結合したリポタンパク質となって 存在する。リポタンパク質は比重によっていくつかの種類に分類されるが、そのうち低密度リポタンパク 質(LDL)は、コレステロールを( b )から( c )へと運ぶリポタンパク質である。

    No a b c
    1 溶けやすい 末梢組織 肝臓
    2 溶けやすい 肝臓 末梢組織
    3 溶けにくい 末梢組織 肝臓
    4 溶けにくい 肝臓 末梢組織
    5 溶けにくい 末梢組織 腎臓

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問080】

    次の記述にあてはまる循環器用薬の配合成分はどれか。

    心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果を示すとされ、軽度な心疾患 により日常生活の身体活動を少し越えたときに起こる動悸、息切れ、むくみの症状に用いられる。小児において 心疾患によるこれらの症状があるような場合には、医師の診療を受けることが優先されるべきであり、15歳未満の 小児向けの一般用医薬品はない。

    1. ルチン
    2. コウカ
    3. ユビデカレノン
    4. ヘプロニカート
    5. イノシトールヘキサニコチネート

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)

    スポンサーサイト