医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問016】

    医薬品の販売等に従事する専門家が一般用医薬品の販売時に行う情報提供に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般の生活者においては、医薬品の添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や 副作用等について誤解を生じることもあるため、専門用語を分かりやすい表現で伝えるなどの適切な情報提供を行う必要がある。
    2. 情報提供は、説明した内容が購入者等にどう理解され、行動に反映されているか、などの実情を把握しながら行うことにより、その実効性が高まる。
    3. 購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合には、コミュニケーションを図る必要はない。
    4. 必ずしも情報提供を受けた購入者当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、販売時のコミュニケーションを考える必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問017】

    一般用医薬品の役割の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 健康状態の自己検査
    2. 生活の質(QOL)の改善・向上
    3. 重度な疾病に伴う症状の改善
    4. 健康の維持・増進
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問018】

    HIV訴訟に関する以下の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    HIV訴訟は、( a )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b )から製造された( c )製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに 対する損害賠償訴訟である。

    No a b c
    1 白血病 血小板 アルブミン
    2 血友病 血漿 アルブミン
    3 血友病 血漿 血液凝固因子
    4 白血病 血小板 血液凝固因子
    5 血友病 血小板 血液凝固因子

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問019】

    以下のうち、亜急性脊髄視神経症(スモン)の原因となったものはどれか。

    1. アスピリン
    2. キノホルム製剤
    3. 小柴胡湯
    4. サリドマイド製剤
    5. ニコチン製剤

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問020】

    クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)及びCJD訴訟に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. CJDの症状として、初期には腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れや脱力、歩行困難等が現れる。
    2. CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    3. CJDは、細菌の一種であるプリオンが原因とされている。
    4. CJD訴訟の和解後、2002年に行われた薬事法改正により、生物由来製品の安全対策強化がなされた。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,c)
    5. 5.(a,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)

    スポンサーサイト