医薬品の適正使用・安全対策【問116~120】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問116】

    医薬品の適正使用のための啓発活動に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 登録販売者は、適切なセルフメディケーションの普及定着、医薬品の適正使用の推進のため、 啓発活動に積極的に参加、協力することが期待されている。
    2. 毎年6月17日~23日の1週間を「薬と健康の週間」として、国、自治体、関係団体等による広報活動やイベント等が実施されている。
    3. 薬物乱用防止を一層推進するため、毎年10月20日~11月19日までの1ヶ月間、国、 自治体、関係団体等により、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。
    4. 青少年では、薬物乱用の危険性に関する認識や理解が必ずしも十分ではないため、医薬品の 適正使用の重要性等に関して、小中学生のうちからの啓発が重要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問117】

    鼻炎用点鼻薬の添付文書において、使用の適否を専門家に「相談すること」とされている理由について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 中枢神経系の興奮作用により、てんかんの発作を引き起こすおそれがある。
    2. むくみ(浮腫)、循環体液量の増加が起こり、腎臓病を悪化させるおそれがある。
    3. 交換神経興奮作用により血圧を上昇させ、高血圧を悪化させるおそれがある。
    4. 抗コリン作用によって房水流出路(房水通路)が狭くなり、眼圧が上昇し、緑内障を悪化させるおそれがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    不適切問題と判断し、「解答なし」のため全員を正解として採点しています。

    【問118】

    次の記述は、医薬品とそれらの安全性情報として注意喚起された重篤な副作用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    a 一般用かぜ薬 間質性肺炎
    b ケトプロフェン外用剤 アナフィラキシー様症状
    c タンナルビン(タンニン酸アルブミン) 膀胱炎様症状
    d クレオソート・アセンヤク末・オウバク末・
    カンゾウ末・チンピ末配合剤
    肝機能障害

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問119】

    次の記述は、医薬品の安全性情報報告書の記載項目に関するものである。
    正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 患者の氏名
    2. 過去の副作用歴
    3. 副作用等の名称又は症状、異常所見
    4. 患者の住所(都道府県名のみ)
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問120】

    医薬品の主な情報入手先、受付窓口に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 厚生労働省のホームページには、健康被害情報・無承認無許可医薬品情報がある。
    2. 厚生労働省のホームページには、医薬品等回収関連情報がある。
    3. 国立医薬品食品衛生研究所のホームページには、くすりの情報ステーションがある。
    4. (公財)日本中毒情報センターの中毒110番は、医療機関専用となっている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)