主な医薬品とその作用【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問036】

    痔の病態に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 痔は、肛門部に過度の負担をかけることやストレス等により生じる生活習慣病である。
    2. 裂肛は、肛門の出口からやや内側の上皮に傷が生じた状態であり、一般に、「切れ痔」(又は「裂け痔」)と呼ばれる。
    3. 痔瘻は、肛門に存在する細かい血管群が部分的に拡張し、肛門内にいぼ状の腫れが生じたものである。
    4. 痔核では、肛門内部に存在する肛門腺窩と呼ばれる小さなくぼみに糞便の滓が溜まって炎症・化膿が生じて おり、体力低下等により抵抗力が弱まっているときに起こりやすい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問037】

    外用痔疾用薬の成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. エフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用による止血効果を期待して用いられる。
    2. リドカインは知覚神経の刺激伝達を可逆的に遮断し、痔に伴う痛みや痒みを和らげる。
    3. アラントインは殺菌消毒成分であり、痔疾患に伴う局所の感染を防止することを目的として用いられる。
    4. クロタミトンは局所への穏やかな冷感刺激によって痒みを抑える。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問038】

    鼻炎用点鼻薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。

    1. ナファゾリン塩酸塩は鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを期待して用いられる。
    2. ベンザルコニウム塩化物は、鼻粘膜を清潔に保ち、細菌などの微生物による二次感染を防止する目的 として用いられ、結核菌やウイルスにも効果を示す。
    3. 点鼻薬は局所(鼻腔内)に適用されるため、循環血液中には入らず、全身的な影響は生じない。
    4. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体に結合するのを妨げること により、抗アレルギー作用を示す。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問039】

    次の漢方処方製剤のうち、尿量増加(利尿)作用を期待して用いられるものとして、誤っているものはどれか。

    1. 牛車腎気丸
    2. 八味地黄丸
    3. 猪苓湯
    4. 竜胆瀉肝湯
    5. 小青竜湯

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問040】

    一般用医薬品において用いられる主な有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. プソイドエフェドリン塩酸塩は、他のアドレナリン作動成分に比べて中枢神経系に対する作用が弱く、副作用として不眠が現れることはない。
    2. ジフェンヒドラミン塩酸塩は、吸収された後、母乳中へ移行することはないので、授乳している女性が服用しても問題ない。
    3. 抗ヒスタミン成分は抗コリン作用も示すため、排尿困難の症状がある人や緑内障の診断をうけた人が 服用すると症状が悪化することがある。
    4. メチルエフェドリン塩酸塩は長期間にわたって連用された場合、薬物依存につながるおそれがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)

    スポンサーサイト