医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    【問016】

    登録販売者の対応に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 一般用医薬品を使用する人が、過去にアレルギーや医薬品による副作用等の経験がないことを確認した。
    2. かぜ薬の購入者(患者)に対し、一定期間使用しても症状が改善しない場合には、倍量のかぜ薬を服用するよう説明した。
    3. 一般用医薬品を使用する人が、医療機関で治療を受けていないことを確認した。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問017】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. サリドマイドは、貧血用薬として承認された。
    2. サリドマイドの副作用として、血管新生を妨げる作用がある。
    3. サリドマイドによる薬害事件は、世界的に問題となったため、WHO(世界保健機関)加盟国を 中心に市販後の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問018】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. スモンの原因物質であるキノホルム製剤は、当初、結核の特効薬として販売されていた。
    2. スモン訴訟は、キノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    3. サリドマイド訴訟、スモン訴訟を契機として、医薬品副作用被害救済制度が創設された。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問019】

    次の記述の(  )に入る字句の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    HIV訴訟は、( a )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血漿から製造された( b )製剤の投与を 受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。

    No a b
    1 白血病 血液凝固因子
    2 白血病 免疫グロブリン
    3 血栓症 免疫グロブリン
    4 血友病 血液凝固因子
    5 血友病 免疫グロブリン

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問020】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
    ※CJDとはクロイツフェルト・ヤコブ病をいう。

    1. CJDの原因は、ウイルス感染によるものである。
    2. CJDは、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。
    3. CJD訴訟は、国、輸入販売業者及び製造業者を被告として提訴された。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)