医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問016】

    プラセボ効果に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 主として医薬品の有効成分の薬理作用による効果である。
    2. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)がある。
    3. 医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応等が関与して生じると考えられている。
    4. 主観的な変化だけであり、客観的に測定可能な変化として現れることはない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問017】

    サリドマイドに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. サリドマイド訴訟は、妊娠している女性がサリドマイド製剤を使用したことにより、副作用として 出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常が発生したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. サリドマイド製剤は、一般用医薬品としても販売されていた。
    3. サリドマイド製剤の副作用は、製造時に異物が混入していた事が原因である。
    4. サリドマイド訴訟は、製薬企業だけでなく、国も被告として提訴された。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問018】

    スモンに関する記述について、正しいものはどれか。

    1. スモン訴訟は、解熱鎮痛薬として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症 に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. キノホルム製剤の副作用について、西ドイツ(当時)から警告が発せられていたにも関わらず、日本 では販売停止および回収措置が行われるまでの対応の遅さが問題となった。
    3. スモン訴訟は、未だ和解が成立していない。
    4. スモンの症状は、初期には腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れや脱力、歩行困難等が現れる。

    ※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問019】

    クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. CJDは、ウイルスの一種であるプリオンが原因である。
    2. CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    3. CJDは、次第に認知症に類似した症状が現れるが、死に至ることはない。
    4. CJD訴訟の和解後、緊急に必要とされる医薬品を迅速に供給するための「緊急輸入」制度が創設された。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問020】

    HIV訴訟に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    HIV訴訟とは、( a )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b )から製造された( c )製剤 の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。

    No a b c
    1 白血病 血小板 フィブリノゲン
    2 白血病 血漿 血液凝固因子
    3 白血病 血漿 フィブリノゲン
    4 血友病 血小板 血液凝固因子
    5 血友病 血漿 血液凝固因子

    ※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)