主な医薬品とその作用【問096~100】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問096】

    ビタミンに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. ビタミンAは、過剰症として、高カルシウム血症や異常石灰化が知られている。
    2. ビタミンDは、タンパク質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に重要な栄養素である。
    3. ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生に不可欠な栄養素で、神経の正常な働きを維持する作用がある。
    4. ビタミンB12 は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問097】

    漢方の特徴・漢方薬使用における基本的な考え方に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 漢方薬は、現代中国で利用されている中医学に基づく薬剤と同じものである。
    2. 患者の「証」(体質及び症状)に合った漢方処方が選択されれば効果が期待できるが、合わないもの が選択された場合には、効果が得られないばかりでなく、副作用を招きやすくなる。
    3. 漢方薬はすべからく作用が穏やかで、副作用が少なく、重篤な副作用は起きない。
    4. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月 未満の乳児には使用しないこととされている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問098】

    次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

    体力が充実して脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に 伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症に適すとされるが、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい 腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすいため、不向きとされる。

    1. 小青竜湯
    2. 十全大補湯
    3. 茵蔯蒿湯
    4. 大柴胡湯

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問099】

    次の消毒薬のうち、手指・皮膚の消毒に用いられる成分として、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. トリクロルイソシアヌル酸
    2. クロルヘキシジングルコン酸塩
    3. イソプロパノール
    4. ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル
    5. 次亜塩素酸ナトリウム
    1. 1.(a,b,c)
    2. 2.(a,c,e)
    3. 3.(b,c,d)
    4. 4.(b,d,e)
    5. 5.(a,d,e)

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問100】

    次の殺虫成分のうち、神経細胞に直接作用して神経伝達を阻害することにより殺虫作用を示すものはどれか。

    1. ジクロルボス
    2. フェニトロチオン
    3. プロポクスル
    4. フェノトリン

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)