主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問076】

    次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

    体力中等度以下でのぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の 傾向のあるものの冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症に適すとされるが、胃腸の 弱い人では悪心(吐きけ)、嘔吐、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

    1. 小青竜湯
    2. 麦門冬湯
    3. 加味逍遙散
    4. 補中益気湯
    5. 黄連解毒湯

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問077】

    アレルギー及びアレルギー用薬に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に入り込むと、肥満細胞を直接刺激し、ヒスタミン等の物質を遊離させる。
    2. アレルゲンを厳密に特定するには医療機関における検査を必要とする。
    3. アレルギー症状が現れる前から予防的に一般用医薬品のアレルギー用薬を使用することは適当であるが、登録販売者の指導の下で行われる必要がある。
    4. 蕁麻疹についてはアレルゲンとの接触以外に、皮膚への物理的な刺激によって生じるものも知られている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問078】

    内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)に含まれる成分と、その主な配合目的に関する次の組み合わせのうち、正しいものはどれか。

    No (成分) (主な配合目的)
    1 アゼラスチン 抗ヒスタミン作用
    2 ジフェンヒドラミン塩酸塩 抗炎症作用
    3 ヨウ化イソプロパミド ビタミン補給
    4 ニコチン酸アミド 抗コリン作用
    5 ブロメライン 抗コリン作用

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問079】

    鼻に用いる薬とその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. アドレナリン作動成分が配合された点鼻薬は、過度に使用されると鼻粘膜の血管が拡張して二次充血を招き、鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすい。
    2. ヒスタミンの遊離を抑える成分は、アレルギー性でない鼻炎や副鼻腔炎に対しても有効である。
    3. セチルピリジニウム塩化物は、黄色ブドウ球菌または溶血性連鎖球菌に対して殺菌消毒作用を示すほか、結核菌やウイルスにも効果がある。
    4. アドレナリン作動成分が配合された点鼻薬は鼻腔内に適用される外用液剤であり、局所的な作用を 目的としているため、全身的な影響を生じることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問080】

    一般用検査薬に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. 一般用検査薬は、自覚症状が現れたあとに、一般の生活者が疾病の診断を行うことを目的とするものである。
    2. 検査薬の検出反応が起こるための最低限の濃度を検出感度(または検出限界)という。
    3. 通常、尿は弱アルカリ性であるが、食事その他の影響で中性~弱酸性に傾くと、尿糖・尿タンパク 検査において正確な検査結果が得られなくなることがある。
    4. 妊娠検査薬は、その結果をもって直ちに妊娠しているか否かを断定することができる。

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)

    スポンサーサイト