人体の働きと医薬品【問036~040】

    【問036】

    医薬品の剤型に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. トローチ剤は、飲み込まずに口の中で舐めて、徐々に溶かして使用する。
    2. 経口液剤は、固形製剤と比べて飲み込みやすいが、消化管からの吸収速度には差がない。
    3. 口腔内崩壊錠は、口の中の唾液で速やかに溶ける工夫がなされているため、水なしで服用することができる。
    4. スプレー剤は、有効成分を霧状にする等して局所に吹き付ける剤型である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問037】

    副交感神経系が効果器に及ぼす作用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    (効果器) (作用)
    a 膀胱 排尿筋の収縮
    b 心臓 心拍数減少
    c 瞳孔散大
    d 汗腺 発汗亢進

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問038】

    皮膚粘膜眼症候群に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 皮膚粘膜眼症候群は、最初に報告をした二人の医師の名前にちなんでスティーブンス・ジョンソン症候群とも呼ばれる。
    2. 発生頻度は、人口100万人当たり年間500~600人と報告されている。
    3. 発症機序の詳細は不明で、発症の予測は極めて困難である。
    4. 皮膚粘膜眼症候群は、38℃以上の高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が 比較的短時間のうちに全身の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問039】

    副作用として現れる無菌性髄膜炎に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、関節リウマチ等の基礎疾患がある人では、発症リスクが低い。
    2. 多くの場合、発症は急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐き気・嘔吐、意識混濁等の症状が現れる。
    3. 早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好であることがほとんどである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問040】

    副作用として現れる接触皮膚炎に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 外来性の物質が皮膚に接触することで現れる炎症である。
    2. 医薬品が触れた皮膚の部分のみに生じるが、正常な皮膚との境界ははっきりしていないことが特徴である。
    3. 原因となった医薬品と接触してから発症するまでの時間は一定である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成26年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)