薬事に関する法規と制度【問096~100】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問096】

    劇薬に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    劇薬は、それを収める直接の容器又は被包に、( a )に( b )をとって、当該医薬品の品名及び「劇」の文字が( c )で記載されていなければならない。

    No a b c
    1 白地 赤枠 赤字
    2 黒地 白枠 赤字
    3 白地 黒枠 黒字
    4 黒地 白枠 白字
    5 白地 赤枠 黒字

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問097】

    医薬品の容器・外箱などへの法定表示事項に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 製造所の名称及び所在地が記載されていなければならない。
    2. 見やすい場所に記載されていなければならない。
    3. 購入者等が読みやすく理解しやすい用語による正確なものでなければならない。
    4. 海外で製造された医薬品であっても、国内で販売する場合は、邦文で記載されていなければならない。

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問098】

    医薬品及び食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 食品衛生法では、食品とは医薬品及び医薬部外品以外のすべての飲食物をいう。
    2. 経口的に摂取される物が、医薬品に該当するか否かについては、一般の生活者から見て必ずしも明確で ない場合があるため、「医薬品の範囲に関する基準」が示されている。
    3. 特別用途食品は、乳児、幼児、妊産婦、高齢者又は病者の発育又は健康の保持若しくは回復の用に供す ることが適当な旨を医学的・栄養学的表現で記載し、かつ、用途を限定した食品である。
    4. いわゆる健康食品は、医薬品的な効果が表示・標榜されている場合や製品中に医薬品成分が検出される 場合であっても、薬事法に基づく取締りの対象とはならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問099】

    医薬品等適正広告基準に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 医療機関や公的機関が公認、推薦している旨の広告は、一般の生活者の医薬品に対する認識に与える影響 が大きいため、原則として不適当とされている。
    2. 漢方処方製剤の効能効果は、配合されている個々の生薬成分の作用と直接関連しないため、それらの構成 生薬の作用を挙げて説明することは不適当である。
    3. 漢方処方製剤等では、効能効果に一定の前提条件(いわゆる「しばり表現」)が付されていることが多いが、 その前提条件を省略して広告を行うことは原則として認められていない。
    4. 医薬品の使用前・使用後を示した写真を用いて広告を行うことは、効能効果等の保証表現とはならないため、 虚偽又は誇大な広告とはみなされない。

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問100】

    行政庁の監視指導に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 厚生労働大臣、都道府県知事、保健所を設置する市の市長及び特別区の区長は、その職員のうちから 薬事監視員を命じ、監視指導を行っている。
    2. 都道府県知事は、必要があると認めるときは薬局開設者又は医薬品の販売業者に対して必要な報告を させることができる。
    3. 都道府県知事は、医薬品の販売業者に対して、一般用医薬品の販売等を行うための業務体制が基準に 適合しなくなった場合には、その業務体制の整備を命ずることができる。
    4. 都道府県知事は、薬局開設者に対して、その構造設備が基準に適合しない場合には、その構造設備の 改善を命じることができる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)