主な医薬品とその作用【問076~080】

    【問076】

    腸に作用する薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 瀉下薬の配合成分には、腸管を直接刺激するもののほか、糞便のかさや水分量を増すものもある。
    2. 整腸薬の配合成分には、腸内細菌の数やバランスに影響を与えるもののほか、腸の活動を促すものもある。
    3. 整腸薬、瀉下薬では、医薬部外品として製造販売されている製品もあり、それらは配合できる成分やその上限量が定められていない。
    4. 止瀉薬の配合成分には、腸やその機能に直接働きかけるもののほか、腸管内の環境を整えて腸に 対する悪影響を減らすことによる効果を期待するものもある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問077】

    浣腸薬に関する記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 半量を使用する用法がある場合、半量を使用したあとの残量を再利用すると感染のおそれがあるので 使用後は廃棄する。
    2. 直腸の急激な動きに刺激されて、流産・早産を誘発することがあるため、妊婦又は妊娠していると 思われる女性では使用を避けることが望ましい。
    3. 便秘の場合に排便を促すことを目的として、直腸内に適用される医薬品である。
    4. グリセリンは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を 期待して用いられる。

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問078】

    次の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを1つ選びなさい。

    体力中等度以上で、下腹部痛があって、便秘しがちな人における、月経不順、月経困難、月経痛、便秘、痔疾に適す とされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う 下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

    1. 大黄牡丹皮湯
    2. 大黄甘草湯
    3. 桂枝加芍薬湯
    4. 八味地黄丸
    5. 麻子仁丸

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問079】

    駆虫薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. ピペラジンリン酸塩水和物(リン酸ピペラジン)は、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。
    2. パモ酸ピルビニウムは、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を 示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。
    3. サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。
    4. カイニン酸水和物(カイニン酸)は、回虫に痙攣を起こさせる作用を示し、虫体を排便とともに 排出させることを目的として用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問080】

    強心薬に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

    1. ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中の結石を用いた生薬で、強心作用のほか、末梢血管の収縮による 血圧上昇作用があるとされている。
    2. ジャコウは、シカ科のジャコウジカ又はその近縁動物の雄のジャコウ腺分泌物を乾燥したもので、 強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高める作用があるとされている。
    3. ロクジョウは、シカ科のシベリアジカ等の雄の幼角を用いた生薬で、強心作用のみで、血行促進作用はないとされている。
    4. センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたもので、これを配合した丸薬又は 錠剤は、口中でよく噛んで服用することとされている。

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)