人体の働きと医薬品【問036~040】

    【問036】

    副作用として現れる胃腸症状に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 消化性潰瘍は、医薬品の作用により胃や十二指腸の粘膜が障害され、組織が損傷した状態である。
    2. 消化性潰瘍は、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐き気、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血 に伴って糞便が黒くなるなどの症状を生じる。
    3. イレウス様症状は、小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、発症リスクが低いとされている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問037】

    呼吸機能に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 間質性肺炎は、悪化すると肺線維症となる場合がある。
    2. 間質性肺炎は、発熱を伴わないことがある。
    3. 喘息は、内服薬のみで誘発され、坐薬や外用薬では誘発されない。
    4. 喘息は、原因となる医薬品を使用して比較的長期間(7日程度)で、鼻水・鼻づまりが起こり、 続いて咳、喘鳴、呼吸困難を生じて、それらが次第に悪化する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問038】

    副作用として現れる薬疹に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 薬疹を引き起こす医薬品は、限定されている。
    2. 薬疹とは、医薬品の使用によって引き起こされる発疹・発赤等の皮膚症状のことである。
    3. 薬疹は、アレルギー体質の人や、以前に薬疹を起こしたことがある人で生じやすい。
    4. 薬疹は、医薬品を使用してから1~2週間までの間に起きることが多く、長期間使用してから生じることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問039】

    副作用として現れる肝機能障害に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 必ず自覚症状がみられる。
    2. 黄疸とは、ビリルビンが胆汁中へ排出されることにより、皮膚や白目が黄色くなる現象である。
    3. 主な症状としては、全身の倦怠感、黄疸のほか、発熱、発疹、皮膚の掻痒感、吐き気等を生じる。
    4. 肝機能障害が疑われた時点で、原因と考えられる医薬品の使用を中止し、医師の診療を受けることが重要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問040】

    医薬品の剤型に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. カプセル剤は、カプセル内に散剤や顆粒剤、液剤などを充填などした剤型である。
    2. 貼付剤は、皮膚に粘着させて用いる剤型である。
    3. チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤型であり、水なしでも服用できる。
    4. 錠剤(内服)は、固形製剤で一定の大きさを有するため、高齢者や乳幼児等の場合は飲み込みにくいことがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)