医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問016】

    次の1~5で示される者のうち、一般用医薬品の選択や使用を判断する主体はどれか。

    1. 医師
    2. 看護師
    3. 薬剤師
    4. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家
    5. 一般の生活者

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問017】

    医薬品の相互作用に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 相互作用の結果、医薬品の作用が増強することはあるが、作用が減弱することはない。
    2. 一般用医薬品は、保健機能食品や健康食品とは相互作用を起こさない。
    3. 相互作用は、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こることがある。
    4. 相互作用を回避するには、ある医薬品を使用している期間やその前後を通じて、その医薬品との 相互作用を生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問018】

    一般用医薬品の役割に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 軽度な疾病に伴う症状の改善
    2. 健康の維持・増進
    3. 身体の清潔、美化
    4. 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問019】

    次の1~5で示されるウイルス等のうち、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の原因となったものはどれか。

    1. ヒト免疫不全ウイルス
    2. ヒトC 型肝炎ウイルス
    3. プリオン
    4. コレラ菌
    5. 炭疸菌

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問020】

    次の1~5で示される物質等のうち、亜急性脊髄視神経症(スモン)の原因となったものはどれか。

    1. アセトアミノフェン
    2. インターフェロン製剤
    3. サリドマイド製剤
    4. キノホルム製剤
    5. ソリブジン

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)